女性特有で人に相談するのが難しい、デリケートゾーンの悩み・・・を徹底的に解説していきます!

デリケートゾーンの悩み解消!

デリケートゾーンに関する知識

デリケートゾーンのかゆみの主な原因とそのオススメ対策法

更新日:

デリケートゾーンがかゆい。家族にも友達にもなかなか相談できないこの悩み、抱えている女子は意外にも多いんです。

このページでは何が原因でデリケートゾーンが痒くなるのか、色んな原因と対策法をご紹介します。

デリケートゾーンがかゆいのは病気が原因かも

デリケートゾーンがかゆい主な原因は『病気』です。

デリケートゾーンの病気と言うと、性交が原因と思われがちです。そのため、「そういうことをしていないから私は違う!」と考えて、病気を見逃してしまうこともしばしば。

デリケートゾーンの病気は必ずしも性交が原因というわけではありません。まずはデリケートゾーンの病気の要因をチェックしてみましょう。

デリケートゾーンが病気になる要因

デリケートゾーンが病気になる主な要因は『菌』です。体調を崩して免疫力が低下してしまった際に、これまでずっと潜んでいた菌が働き始めて病気に・・・というパターンは多いようです。

自然発症以外にも、洗っている最中に菌が入り込んでしまったり、性交をしたりといったあらゆる原因でデリケートゾーンに菌が付いてしまうことがあります。

デリケートゾーンの主な病気

それでは、菌が要因で発症する性病にはどのようなものがあるのでしょうか?チェックしておきましょう。

こうした病気になった場合、かゆみだけでなく、オリモノの量が異常に増えていたり、痛みを感じるレベルのブツブツが出てきたりとさまざまな症状があります。

「いつもと違う」と感じたら早めに病院に相談しましょう。早めに相談することで、症状が悪化する前に治療することができます。

カンジダ

カンジダはとてもポピュラーなデリケートゾーンの病気です。デリケートゾーンにとても強いかゆみやうずくような痛み、そして白く濁ったオリモノが出てくるといった症状があります。

オリモノの白さは「ちょっと白いかな?」なんてものではなく、ヨーグルトのようなものになります。明らかに健康な時と様子が変わるので、これもすぐに気付くでしょう。

カンジダはカンジダ菌が異常増殖することによって発症する病気です。このカンジダ菌は感染するものではなく、全ての人が持っている『常在菌』です。

常に持っているのにカンジダを発症する時としない時、する人としない人がいるのは免疫力の問題です。普段は大丈夫でも、体調不良やストレスで免疫力が下がった時にカンジダになります。抗生物質の服用など薬の影響であることもあります。

一度カンジダになってしまうと勝手に元に戻るということはあまりありません。かゆみや痛み、オリモノの変化を感じたら早めに病院で診てもらいましょう。

トリコモナス

トリコモナスは、トリコモナス原虫という肉眼では見えないほどの微生物が膣内で増殖することによって発症します。感染してから5日~1ヶ月程度で症状が出てくることが多いようです。

症状の1つとして、オリモノの様子が変わります。黄色や薄いグレー色で、臭いが悪くなり、泡立ったようになります。健康な時のオリモノと全く違うので、すぐにわかるでしょう。

デリケートゾーンが腫れたり、かゆくなったりといった症状もあります。排尿時に痛いと感じたら要注意です。

トリコモナスは基本的に感染で発症します。性交で移ることが多いようですが、プールや温泉、トイレといった「水のたくさんある場所」で感染することもあるようです。

トリコモナス原虫は水分があれば生存する可能性があります。そのため、「みんなで使う水の多い場所」で感染するケースもあるのです。

コンジローマ

コンジローマは性器とその周辺、肛門、足の付け根部分などにイボができる病気です。この辺りにイボができることはあまりないので、見た目ですぐにコンジローマだとわかるでしょう。

コンジローマも菌の感染によって発症する病気です。性交だけでなく、銭湯などで感染することもあるようです。

感染してから1~2ヶ月程度の潜伏期間があるので、感染経路を特定するのが難しいかもしれません。

放置しておくとイボが増えたり大きくなったりといった悪化の一途を辿ることがあります。また再発する可能性も高い病気なので、病院で正しい治療と生活指導を受けるようにしましょう。

ここで紹介した以外の病気もあります

ここでは代表的なデリケートゾーンの病気3つを紹介しましたが、これだけではありません。当てはまらなくとも、かゆみや痛み、湿疹などの異常がある場合は病院で診てもらってください。

デリケートゾーンのかゆみ・病気以外の原因

もちろん、デリケートゾーンがかゆいからと言って必ずしも病気というわけではありません。「かゆいだけで他に症状がない」という人は、下に書く原因に思い当たる節がないかチェックしてみましょう。

残尿・オリモノ・タイツなどの『蒸れ』

デリケートゾーンはその名の通りデリケート。その上、常に布で覆われているので、蒸れやすくなっています。

デリケートゾーンの蒸れを放置することで炎症に繋がり、デリケートゾーンがかゆくなることもよく聞かれます。

蒸れの原因は、例えば残尿やオリモノといった体液。ほんの少しだからこそ見逃しがちですが、放置すれば蒸れの原因になります。

こうした体液が原因かと思われる場合、オリモノシートを下着に付ける、下着を穿き替える回数を増やすといった対策を施してみましょう。

また、冬場はタイツで蒸れる人が非常に多くなります。ストッキングを穿くようになったら蒸れた、という人もいます。

最近では裏起毛やデニール数の高いタイツなど、分厚い物が増えているので、それに比例してデリケートゾーンが蒸れてしまう人も増えているようです。

こうしたタイツを穿いていると、汗をかいてしまったり、普段は自然に逃げている湿気が逃げなくなったりと、蒸れの原因が多くなります。

タイツやストッキングを穿くようになってからデリケートゾーンがかゆくなり始めた、という人は、病気よりもまず『蒸れ』を疑った方がいいかもしれません。

かぶれやただれ。デリケートゾーンの『肌荒れ』

かぶれやただれといった、いわゆる『肌荒れ』状態に陥って痒くなることもあります。今まで何もなかったのに突然ニキビができることがあるように、デリケートゾーンの肌荒れも突然起こることがあるんです。

生活習慣の変化だったり、ストレスだったり、人によって原因はさまざまです。もともと敏感肌の人は特にこうした問題を発現しやすいので普段から注意が必要です。

敏感肌でなくとも、更年期でホルモンバランスが崩れてしまったり、食生活が雑な日々が続いていたりといったことから、デリケートゾーンが荒れてしまうことがあります。

デリケートゾーンの肌荒れが原因でかゆみが起こっている場合、デリケートゾーン専用のかゆみ止めやケア用品を使ってください。他の部分よりもデリケートなので、同じケア商品を使うとしみたり荒れが悪化したりといったことがあります。

蒸れや肌荒れでなぜかゆくなる?

病気はデリケートゾーン特有のものですが、蒸れや肌荒れなら全身のどこでも起こり得る問題ですね。それなのにデリケートゾーンだけそうした問題が出てくるのはなぜなのか?疑問に思われる方もいるでしょう。

デリケートゾーンは皮膚が薄い上に、服や下着の脱着、お手洗いでの拭き取りなど、あらゆる刺激が多い場所です。そのため、他の部分よりもかゆみや痛みを発現しやすいんですね。排泄物で菌が付着しやすいということもあります。

デリケートゾーンのかゆみ予防として最も手軽にできるのが、常に清潔にしておくことです。

トイレに流せるウェットティッシュなどを持ち歩いて、いつでもすっきりキレイにできるようにしておきましょう。

ただし、お風呂でごしごしこすり洗いするのはNGです。こすることで摩擦や傷が生じてしまうこともありますし、膣の防御機能を弱めてしまう原因にもなります。

下着を替える・オリモノシートを使う・ウェットティッシュで拭くといったケアが適切です。

まとめ

デリケートゾーンのかゆみを抑えるには、まずは原因を特定して対策することが大切です。

病気が疑われる場合はすぐに病院で診てもらいましょう。生活習慣の問題である場合はここまでに紹介した対策法を試してみてください。

かゆみが治まっても気を抜きすぎず、日頃からデリケートゾーンをケアすると再発予防になります。

-デリケートゾーンに関する知識

Copyright© デリケートゾーンの悩み解消! , 2018 AllRights Reserved.