女性特有で人に相談するのが難しい、デリケートゾーンの悩み・・・を徹底的に解説していきます!

デリケートゾーンの悩み解消!

デリケートゾーンに関する知識

デリケートゾーンの黒ずみや汚れの主な原因とそのオススメ対策法

更新日:

ふと目にした時に気になるデリケートゾーンの黒ずみ。気が付くとどんよりと暗くなっていて、恋人に見せるのがためらわれるなんて声もよく聞かれます。

なぜデリケートゾーンが黒くなってしまうのでしょうか?主な原因とその対策法をご紹介いたします。

デリケートゾーン黒ずみの原因はほぼメラニン

結論から言ってしまうと、デリケートゾーンの黒ずみの原因のほとんどはメラニンです。メラニンは色素の名前で体の至るところにあって、髪の毛の黒い色やシミの茶色い色も全てメラニン色素のカラーです。

メラニン色素はシミや黒ずみの原因なので悪者扱いされがちですが、実は体の防御機能が働いて発生するものなのです。例えば髪の毛は、頭皮を紫外線から守るためにメラニン色素を含んでいます。

デリケートゾーンの場合、下着や生理用品などの擦れから肌を守るためにメラニン色素を生成してバリアゾーンを作ろうとしているのです。その結果、肌は守られるものの黒っぽくなってしまうのです。

こうした肌の正常な働きによって発生するデリケートゾーンのメラニンですが、あらゆる原因で生成量が増えることがあります。

デリケートゾーンも顔や他の部分と同じように、肌の古い角質が定期的にターンオーバーで排出されています。このターンオーバーでメラニン色素が排出されて黒ずみが改善されるケースもゼロではありません。

しかし、デリケートゾーンは皮膚が薄くダメージが大きいため、他の部位に比べて黒ずみは取れにくいと言われています。

セックスしすぎだから黒くなる?

よく言われる説として、「セックスしすぎだから黒ずんでいる」というものもあります。これは全くのウソ、とも言い切れませんが、こうしたら絶対にそうなる!とも言い切れません。

「セックスをし過ぎて黒くなる」という説の理屈としては、デリケートゾーンに摩擦が多くなるからというものです。確かに摩擦が多ければその分メラニン色素は生成されやすくなります。

しかし、セックスの際、愛液・オリモノが分泌されて皮膚を保護してくれています。こうした体液の分泌量が少なければ回数が少なくても黒ずむこともありますし、逆も然りです。

遊んでいる人の方が、潤滑剤などを使ってしっかりと対策をしているということもあります。そう考えると、黒ずんでいる=セックスをたくさんしているということにはなりません。

問題は、こうした問題に於いて男性は原因を知りませんし、知ろうともしません。知っている情報は週刊誌などの俗説だけ、という男性はとても多くいます。

結果、「黒い=遊んでいる」という説が男性の中で定着し続けており、男性からいわれもない評価を受ける女性も少なくありません。大好きな恋人にそう思われたくない、という女性の悩みは尽きません。

メラニン色素が生成されやすくなる体の変化

肌のバリア機能以外にもメラニン色素の生成を促進させてしまう・メラニン色素を肌に留めてしまう要因がいくつかあります。

ここで紹介する要因は2つ。女性ホルモンバランスの崩れと、ターンオーバー機能の低下です。メラニン色素が生成され溜まっていく摩擦以外の要因のほとんどはこれらに該当しています。

『体の変化』なのでこの要因自体を取り除くのは難しいでしょう。ただ、要因を理解することで対処できることがあります。

加齢によるターンオーバー機能の低下

肌は毎日表面の角質が落ちて新しく生まれ変わっています。メラニン色素はこのターンオーバーで落ちていく角質と一緒に排出されます。

ターンオーバーが正常に行われている若い時期はメラニン色素がどんどん排出されていくため、シミや黒ずみはあまり発生しません。

しかし歳を重ねると、肌のターンオーバーが遅くなります。結果、デリケートゾーンに限らず全身の至るところでシミや黒ずみが発生しやすい状態になってしまっています。

デリケートゾーン以外であればピーリングで角質を落とすという手段も考えられますが、デリケートゾーンはそうもいきません。保湿をしても蒸れに繋がることもあります。

手持ちのケア用品を使いまわすのではなく、専用のケア用品を使うようにしてください。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンと一言で言っても、さまざまな構成要素があります。その構成要素のうちの1つが黄体ホルモンと呼ばれるホルモンです。

黄体ホルモンが多くなるとメラニン色素を活発に生成することがあります。女性ホルモンのバランスが崩れて黄体ホルモンが多くなってしまった時は要注意です。

普通に生活していても生理前に優勢になる黄体ホルモンですが、乱れた生活習慣やストレスにとってバランスが崩れてしまうこともしばしば。

生理前のあの「イライラ」を感じたら黄色信号です。黒ずみケアはもちろんですが、それ以外にも肌荒れが起こりやすくなっているので、丁寧にケアをするように心がけてください。

妊娠・出産で黒ずむのも女性ホルモンの影響

妊娠・出産で、デリケートゾーンをワキ・乳輪なども黒ずむケースがあります。黒ずむだけでなく、顔にもシミができやすい時期です。

これは女性ホルモンのバランスが妊娠・出産によって崩れるためだと言われています。

こうした女性ホルモンバランスの崩れが要因である場合は、食生活を整えてしっかりと栄養を摂るように意識してみてください。ストレスを溜めないことも大切です。

女性ホルモンの変化は体の構造上どうしようもないことですから、悪化しないように健康的な生活に努めるしかありません。

黒ずまないように・黒ずみを解消する方法は?

懸命にケアをしても黒ずみの原因が解消されなければ黒ずみがなくなることはありません。黒ずみを解消するためには、黒ずみの原因になる生活習慣やクセをやめることが大切です。

黒ずみを進行させないためにも、日常的な気遣いを生活に取り入れていきましょう。

デリケートゾーンに摩擦はNG

デリケートゾーンにメラニンが発生する原因の多くは『摩擦』、つまりは肌をこすることです。摩擦が多いと肌のバリア機能が働きやすくなってしまいます。

そのため、「デリケートゾーンを擦らない」ということを意識してみてください。擦っているつもりはなくても、このようなことを日常的にしてしまっていることがあります。

・きつい下着・デニムパンツなどを穿いている
・VIO部分の毛を自分で処理している
・お風呂で強くこすり洗いをしている

これらは全てデリケートゾーンをこすってしまっています。もし思い当たるがあればやめるようにしてください。

黒ずみは解消できる?

上記の「デリケートゾーンをこする習慣」をやめて、専用の石鹸やクリームを使えば改善することがあります。

肌のターンオーバーを活性化することも黒ずみ改善にならないことはありません。しかし、他の部位より角質が薄く、落ちるメラニン色素の量よりも増えるメラニン色素の量が多くなりがち。ほっておいて大幅な改善は期待できません。

また、顔や他の部分に使うメラニン対策のスキンケア商品を使うのもやめておきましょう。刺激が強く、肌が荒れて取り返しのつかないことになることもあります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消のための、メラニンを改善する石鹸やクリームがあります。それを利用するようにしてみてください。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が原因です。メラニン色素の発生は体の機能上仕方のないもので、完全に抑制することはできません。

デリケートゾーンをこすらないことを意識した生活を送ることで悪化を食い止められます。意識して生活してみてください。

黒ずみを解消・緩和したい時は専用のケア用品を使ってケアをするのが良いでしょう。

-デリケートゾーンに関する知識

Copyright© デリケートゾーンの悩み解消! , 2018 AllRights Reserved.